2018-10-11

豪雨から3ヶ月、あらためて感じたこと。。

紅葉_edited

気づけば秋が来ていた、という妙な感じがしています。

7月6日に西日本を襲った豪雨から3ヶ月。
日々日々を必死に駆け抜けてきて、ようやくひと息ついたところです。

私の住む三原市も、いたるところで土砂災害や浸水が起き、
思いがけず家や仕事場、日々の暮らしを奪われてしまった方もたくさんおられ。。

そんな中で『自分は何ができるか?』を自問自答し、行動する毎日でした。

あらためて実感したこと、それは、、

家は、暮らしの原点だいということ。
家での生活が心地よいと、人はきっと幸せに生きていけるということ。
自分の家がきちんとあって、人は生きていけるということ。

当たり前のことなのですが、本当に真実なのですよね。

image

この秋予定していた、リフォーム・新築工事を先延ばしにして(施主さまの温かいご理解をいただき)
浸水で1階が壊滅となったお宅のリフォームをしています。
E34F0509-799D-497F-AC9A-5284AE03520A
もう少しで出来上がり。
また自分の家で暮らせる日を楽しみに待っていただいていますよ。

岡山のANDARURAさん、工房のリノベーション設計を受け、
打合せを一週間後に控えた日、工房が浸水で壊滅状態になってしまいました。

この状況を災い転じて福にする!とポジティブに向かわれているアンダルーラさんを
コチラで紹介しています。

私が出会った人たちは、災害にも負けず、めげず、
どんどん前を向いて進んでおられます。

しかし、状況の大変さに悩んだり考えこまれたりしておられる方もあるでしょう。

私たちができるのは、建築のプロとして
その人、その人に寄り添い、最善の方法を一緒に考えること。

選択肢は一つではありません。
アドバイスのみ受けたいと思われる方も、どうぞ安心してご相談ください。

皆さんが、どんな状況でも『災い転じて福となる』ように。。

 

2018-07-07

大雨のお見舞い申し上げます。。

とにかく大変な大雨でしたね。

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

住宅への被害、田んぼや畑、農作物への被害のほか、

大雨の音で眠れなかったり、不安な夜を過ごされたり

色々なストレスも抱えられたのではないかと思います。

これから水が引くと、大雨の爪痕も

あらわになってくるでしょう。

どうぞどうぞ落ち着いて、大事にしてくださいね。

これからまだ雨が降るという予報です。

 

自然の猛威の前では

人間はなす術を失ってしまいますが

前向きに対処するしかありません。。

 

山の近く、川に近くの住まい手様には

電話で無事を確認ができ、ほっとしているところです。

また、建築中の総社の家、総社の家のご家族の無事も確認できました。

何よりです。

明日も日曜日も事務所に詰めております。

何かあれば、0847-33-0668

またはi.fukagawa@icloud.com までご連絡くださいませ。

私達の携帯電話は不通になっております。

どうぞよろしくお願いします。

 

46742AC5-0D51-4FBA-878E-2AB79123C537

Posted in 全体No Comments » 

 

2018-06-06

家、ふるさと、そして心の原風景の家@総社の家

 

先日のこと、
現場で、打ち合わせやら確認やらしていたら
施主様ご一家が現場に来てくださいました。

とうちゃん大好きな息子さん二人、何を話しておられるのやら、
なんともほのぼのの後ろ姿です(o^^o)

6642D28D-FDB0-442D-B922-3C1B0744D2C0

ご主人とは、上棟以来始めて現場で話すので、
あれやこれやと、話が盛り上がっておりますと。。。

子供たちは、現場の端材を使って、
弓を射る、こんな素敵なポーズ(^-^)

33B51FF6-F6B9-4894-B18E-50F65CFCC558

 

はたまた、足場の研究?
94425FF1-E573-4906-B2DE-ECA101457F7E

B43EB55E-C8FC-4345-9DF6-018A65A10FC5

私はいつもいつも思うのです。

この家が、子どもさんたちにとっての『ふるさと』になるってこと。
この家が子どもさんたちにとっての『原風景』になるってこと。

大人になっても、生まれ育った家の記憶があり、
(匂いだったり、灯だったり、雰囲気だったり、
断片的であるかもしれないけど)
それが自分自身の礎になるのかもしれません。

この子達の心の原風景を、心を込めて作らせていただきたいと思うのです。

私自身、生まれ育った家を思い起こして描いてみると、
生き生きと記憶が蘇って来ますからね(^-^)

 

2018-04-20

優しい笑顔と、喜びに包まれて地鎮祭♪岡山、総社の家

晴れの国、岡山で初めての新築の仕事です。

3世代7人家族が住まわれる家の新築、
台形の敷地、周囲の環境、在宅介護etc..
それぞれのプライバシーを守りつつ、家族が仲良く暮らす家。

プランが自分の中でストンと納得できず、
何度か練り直し、練り直しして設計しました。

最終決定した家の完成プランは。。

51F41919-ED1A-47C2-B580-46AF16D00465

BBDBEAA0-691B-4CC0-B6B7-AD418B7E5683

FC5F8828-58DA-47F5-A85B-349B5A600BC8

大きな納戸収納を中心に、くるくる回りつつ、家事がちゃちゃりと出来るように。
老人室から、トイレにできるだけ自立して行けるように。
ストレス少なく介助できるように。
キッチン、ダイニングに続く北側の大きなデッキで
七輪焼きなど暮らしの楽しみが広がるように。

そしてそして、3月の佳き日、
地鎮祭を迎えることができました!

76FB3E04-B10F-446C-B3B2-0E5DDD43E806

image

施主さまご主人による鍬入れの儀。

IMG_0653

子どもたちも神妙な面持ちで玉串奉納。可愛い!

image

最後は総社宮の神主さまと記念撮影です!

(許可をいただいて写真掲載しています^^)

本当に笑顔あふれるいい地鎮祭でした。

image

 

いつもお願いしている基礎屋さん、

いつもながら丁寧に基礎工事を終えていただきました。

明日いよいよ棟上げです!

 

 

 

 

 

2018-04-06

オープンハウスご参加有難うございました@西条の家。。

あっという間に春分の日、3月もあとわずかとなりました。
74F22545-EF3A-4779-BA2E-2045537C7AFF6E9F79D1-AAE4-4A8D-963C-0B7CE437879F

西条の家のオープンハウスに急なご案内にもかかわらず、
見学に来てくださった皆さま、本当に有難うございました。

真摯に家づくりを考えられておられる方々にお会いできたこと、
本当に嬉しく思います。

口々におっしゃられたこと、
自分達の暮らしにあった家がほしいといこと。

うわべではない、本音の話、
自分たちらしい家作りの話。
情報あふれる時代に、なにを拠所に家を建てる(リフォームする)かということ。
中古住宅を探す・買うの注意点や、
お金の話。ローンの話。

どんなに情報化社会になっても、AIなどが進んでも
家に来ていただいて、五感で感じていただいたり
ナマの声で話をさせていただくのが
いちばん大切!ということを、改めて感じたオープンハウスでした。

設計者として、私もいい時間を持たせていただきました。
次回はもっと早く、余裕を持ってお知らせしますね!

8CA5E99B-C3FA-4C63-BEEA-F951A00697BA

08D70876-228D-42E3-940A-7FB1D48EA5E6

西条の家beforeの写真、工事中の様子など、
コチラからご覧ください。

工事中→

工事中→