books

MOTTAINAI


昨日、ねーさんからコメントをいただいて思い出した。

『もったいない~MATTAINAI』2004年ノーベル平和賞で、ケニア共和国環境副大臣の
ワンガリ・マータイさんの著した本です。

もったいない~は日本人の精神だけど、マータイさんの方が、よっぽど理解し実践されているのかもしれません。

「もったいない」という言葉の奥には
「努力」や「苦労」、「時間」や「歴史」など、
せっかく積み重ねてきたこと「失ってしまう」「無にしてしまう」ことへの、無念と悲しみがあるのです。
(冒頭より)

原文は英文と対訳。
カナもふってあります。
イラストもかわいい。

小学校低学年でもじゅうぶん楽しめます。
ハワイのアロハシャツは日本移民の人が着物で作ったのがルーツとか・・・。
『MOTTAINAI』は世界共通語。

私もできることから心がけます。

2006-07-08 | Posted in books2 Comments » 

コメント2件

 ねーさん | 2006.07.09 13:46

「もったいない」ってなんかオバサンっぽいけど大事ですよ~ 外食でさんざん頼んだあげく

ほとんど残すバカヤロウ 「もったいない」ってアタシが言ってもヘーキな顔してるよ

教えるべき親の世代がそんななんですよ。。。 これは個人的な愚痴ですww

 foo-ko | 2006.07.10 17:40

「もったいない」ことっていろいろあるよね。モノや、時間、気持ち、お金etc…。「おさがり」は「ケチ」とは違うってマータイさんも言っていらっしゃる。ねーさんは子供のときからLOHAS(ロハス)な生活してたんだよねえらいえらい

Comment





Comment



CAPTCHA