家作りのこと

環境写真絵画コンテスト


先日、三原市役所で環境絵画写真コンテストの審査会がありました。

私も協賛企業(?)の一人として審査に加わりました。
テーマはつながり、かかわりあういのち

「三原市内にある自然環境や生き物など、いつまでも残しておきたい身近な自然や環境保全の取り組み」が対象ということ。

小学生から大人まで力作252点をつぶさに見ていく作業、
審査員という役を初めて仰せつかったワタシには額に汗です。

子ども達の視点はおおらかでとても楽しい。
カマキリに自分が乗っている絵があったり、海、山、蛸が一枚の絵に描かれていたり。
大人部門の絵画は本当に力作ぞろいで、

思わず美しい~とため息を漏らしてしまいました。

私もフカガワ賞として二点の作品を僭越ながら選ばせていただきました。
発表は10月29日にあるそうです。

その土地ならではの残したい風景があるっていうのはとても素敵です。
海べりには海べりの、里山には里山の・・・。

風景にとけこみ、その風景に美しく佇む家を設計したいものです。


~中国新聞より~

2006-10-11 | Posted in 家作りのこと5 Comments » 

コメント5件

 matsu | 2006.10.13 8:50

ご無沙汰です~

先日親戚のように親しい方の一人息子さんが18歳の若さで亡くなってしまし・・バイクでの自損事故で即死でした。急いで駆けつけたけど、事故死って事ですでにお棺の中でした。それはそれは悲惨な悲壮なお別れでした。私も姉妹のように小さい頃していた彼女に言葉もなくて・・「私はこれから生きていける?」って聞かれても答えも出なかった。あ~辛い現実に落ち込んだ私です。

あぁ人生は・・・複雑です・・・こんなfookoさんと近かったら飲みながら語れるのにね

 ねーさん | 2006.10.13 18:11

matsuさんのコメント拝見してしまいました

お辛いと思いますがmatsusanもご友人の方も

力を落とさないようにお祈り申し上げます・・・

foo-koさん

審査員お疲れ様でした

すてきな風景 いつまでも残しておきたいですね

 foo-ko | 2006.10.13 21:03

辛すぎる・・本当に辛すぎますね。心からご冥福をお祈りします。人生は過酷ですね。愛する人の死、ましてや我が子の死ほど辛いものはないかもしれません。それでも人間は生きていかなければならないものね。matsuさんお友達をしっかり支えてあげて。広島と奈良は遠いけどまたいつか、一緒に飲んで話しましょ。

 foo-ko | 2006.10.13 21:07

コメントありがと。たくさんの喜びも悲しみも抱えて人間は生きてかなきゃなんないよね。グスっ。

コンテスト、素敵な作品を選んだのよ。またUPするね。

 matsu | 2006.10.14 17:52

ね~さん様

ありがとうございます~

本当に辛い現実ですがしっかり前を向いて生きることが大切ですね~頑張って支えてあげますね。

fookoさん

体調ちょっと崩してるけど、頑張っていきます~

今回ヨン様ブログお仲間さんが沢山メッセージで支えてくださって~仲間は有難い

fookoさん~必ず飲もうね~

Comment





Comment



CAPTCHA