瀬野の家

民家再生とラーメン


民家再生の調査依頼を受け、広島市安芸区まで行ってきました。
築70年、古いけれどしっかりした民家です。

言われなければ築70年とはわからないかもしれません。
壊すには忍びない・・・手を入れて住み継いでいくことのできそうな感じです。
まずは基礎、そして構造。

例によって床下に潜ったり、屋根裏をみたり、構造を図面におとしたり
屋根に登ったり。。

全てが終了したのは午後1時をとうに回っていました。

低い軒桁、家の中に食い込んだ蔵、超えなければならないハードルは高そうです。
連休明けに再会をお約束して、
向かったところはラーメン『いちのや』。

image

ここはウッドクラフト作家のゆーもあファクトリーさんの友人のお店。
一年前に頼まれて岩国の錦帯橋の橋桁をお譲りしたのです。
オットがオークションで競り落とした、欅(ケヤキ)のそれは立派な橋桁でした。

image

落ち着いた雰囲気の店内のインテリアに、風格のあるケヤキの風合いがほどよく合っています。
ラーメンもモチロンうみゃい(≧∇≦)

image
化学調味料を使わず、10数時間かけてスープを作るんですって。
お近くに行かれたら是非立ち寄ってみてください。
広島駅近くの東蟹屋町。
通りに面した側にも錦帯橋の橋桁が使ってあります。

2007-04-23 | Posted in 瀬野の家2 Comments » 

コメント2件

 ねーさん | 2007.04.25 16:45

高いハードル 越えましょう!^ー^
再生に向けてうみゃしょなラーメンでスタミナつけたのね~

いちのやさん落ち着いたお店だね~
機会があったら行ってみたいなぁ・・・

 foo-ko | 2007.04.26 17:11

応援ありがとう^-^
ハードルは高いけどがんばりますだ。。

いちのやさんうみゃそでしょ
うみゃいのよ~~~
チャーシューの単品でを呑むもよし。
今度行こ!

Comment





Comment



CAPTCHA