家作りのヒント

ビンボーな家、金持ちの家


e8972b20b059550f9871687e8ad5f9d5

ちょっとセンセーショナルなタイトルですが
これはレアリテという雑誌最新号の特集記事です。

なかなかわかりづらいお金の話、坪単価のカラクリ、ローンの話、
ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違いなど
興味深い話が詳しく書いてあります。

マンガで愉しく書きながら
実はばっさり鋭く斬ってあります。
もしかしたらく青くなる人もいるかもしれません。

活字ばかりでかた~い本よりも読みやすく愉しい本なので
興味のある方は書店でどうぞ。
エクスナレッジ800円+TAXです。

お金がなければ家が建たないか?
人生を暮らしをゆったりと包む家を建てれないか?

人にはいろいろな考え方があると思うのだけれど
私はNOといいたい。
それがただ大きな家であったり
松竹梅の『松』のコースの材料だったり(笑)
頑な夢であったりしてはイケマセン。

『左円の家』のクライアント夫妻。
限られた予算の中でなんとか自分たちの夢をカタチにしようと
頑張られたことを思い出します。
家づくりについて一生懸命勉強をされていたこと。
突然アウトレットで某キッチンメーカーのキッチンを買ってこられて吃驚したこと(笑)
どこかから調達された変木で書斎机を拵えたこと。
左官の親方に習いながら、家族で珪藻土をほとんど塗られたこと。
どれもこれも懐かしい思い出です。

この思いに大工や左官の職人さんもスタッフみんなもそれぞれ応えました。
OMソーラー、薪ストーブ、断熱気密、珪藻土、全開放できる引き込み建具。

限られた予算のなかで性能を維持しながら
心地いいきちんとした家を提案していきたいと思うのです。

2008-01-29 | Posted in 家作りのヒント2 Comments » 

コメント2件

 ねーさん | 2008.01.31 14:59

低予算でも良い家は出来ると思うけど
あんまりそれが流行るのはハウスメーカーとしては
イヤかもね>m<
まずは事前の十分な話し合いが大事なんだろうね^^

と言いつつワシも建築中に
「やっぱここの壁イラネ」って大工サンに言ったww
センドウは床の色いきなり変更して工務店を慌てさせたww><;テヘヘ

 foo-ko | 2008.02.12 17:44

そうそう、要はやる気、心の中の熱いモノ。。
低予算でも心地いい家はできるし
お金だけかけたって設備豪華にしたってつまんない家にもなるのよね。
あ、でも潤沢な予算も好きです^m^
ねーさん&船頭さんの家作り、アタシも参加したかったな。
すっごい愉しそうだよ^m^

Comment





Comment



CAPTCHA