家作りのこと

父を思ふ。。


年末に体調を壊した父は82才という高齢のせいもあり
すっかりと床に就いてしまいました。
少しでも体を楽に過ごさせてやりたいと
あの手この手家族で病院通いです。

静岡の友人Kさんから聞き
恩給欠格者特別慰労金というのを請求してほしいと頼まれていたのに
先延ばしにしていたダメ娘の私、こんな状態になってようやく腰をあげました。

アタマはすっきりはっきりしているものの
言葉もうまく言えず、字も書けない父に
履歴を一生懸命問いかけます。

ようやく聴き取ったのは
16才で東京陸軍航空学校に入学したこと
21才で終戦を迎えたこと。

ああ、そうだったよねと今更ながらに思います。
16才の父が、どんな思いでどうしてこの広島の山奥から
航空学校に向かったのか
今では聞くことももできません。
父にもいろいろな人生があったのでしょう。

父は石工だったのでいろんなところにいろんな築造を残しています。
一つだけ作ったお地蔵さんが近くにあります。
いつもは通り過ぎるお堂の前を立ち止まって見てみると
ありましたありました。
dousan2 dousan
ちょっと下半身大きめの可愛い地蔵さん(笑)
のみで彫っていた傍でちょろちょろと遊んでいたのを覚えています。

寡黙な父が私に教えてくれたこと、
モノを作る喜び。。
仕事をする喜び。。
生涯の友のいる喜び。。

2008-02-13 | Posted in 家作りのこと2 Comments » 

コメント2件

 まっちゃん | 2008.02.14 9:54

わしも知っとるよ~。このお堂さんは県道拡張工事の時、皆で反対側へ移動させた時、foo-koパパ作の話を祖父から聞いたよ。foo-koパパには大変お世話になりまして、家の建物の殆どの基礎と、県道沿いの屋外通路、ブロックの倉庫全部やってもらってます。ほんまによく働く人よ…後世に残る仕事はいいよの~。余談じゃけど、中学のクラブの帰り、真っ暗で大雨の中、大池の所でトラックに乗せてもらった事今でも感謝しとります。

 foo-ko | 2008.02.14 13:24

あ~そうなんぢゃ。嬉しいです。
これかもひっそりとお堂の中に鎮座し続けます。
そうそう、まっちゃんちには親子してお世話になってます(笑)
まっちゃんちの裏山に確かカタクリの花が咲いてたよねえ。
中学生のときの思い出を初めて聞きましたよ。
私も去年亡くなったminoさんママに、母の入院中、中学の遠足のお弁当をこしらえてもらった思い出があって、嬉しかったの覚えてるよ。
地域のみんなに育てていただいたんだよねえ。

Comment





Comment



CAPTCHA