books

お一人様の老後。。


友人でありクライアントのねえねえが
『お一人様の老後』という本を貸してくれました。

f86c9d0720128e81215b9aa0e1a4a761
『結婚していようがいまいが、誰でも最後はひとり』
帯に書いてあります。

全くそうです。
だって死ぬときはひとりだもんね。
子どもも巣立ち、オットに先立たれ・・なんてこともこともありますしね(笑)

お一人様の老後を楽しく安心して生きていくためのは
若いときからいろいろ心構えがいるようです。
友のこと、お金のこと、仕事のこと、住まいのこと、子ども世帯との同居のことetc..
父を介護中の私としては胸の痛い話もあったりして。

職業柄興味津々なのは住まいのこと。
自分の住まいを持つのは必須条件のようで(笑)
私にはバリバリ働くシングルの友人がたくさんいますが
そういえばみんな女ひとりでマンションを購入したり
家を建てたりしてるなあ。

思い返すと今まで私が設計させていただいた家も
女性の建て主さんが多かったように思います。
お母さんと娘さん、またはひとり暮らしの家を設計したのが
全体の30%強。。
リフォームを含めるとこの数字もっとあがるかも。。

男性も女性もお一人様になっても住みやすい家がいいな。
ふむふむ。。となかなか勉強になった一冊です。

ねえねえありがとうね。
うちのスタッフも読みたいそうなので
もう少し貸しておいてね。

もし機会があれば読んで見てください。
面白いですよ。

2008-03-10 | Posted in books2 Comments » 

コメント2件

 naru | 2008.05.13 22:19

野依織工房さんから来ました。
とっても大切なことなので、
読んでみたく、画面を見入ってメモしました。
それと、家作りそのうちお世話になるかもしれません。そうなるように動いていきます。

 foo-ko | 2008.05.14 16:02

 初めまして。コメントありがとうございます。
 野依織工房さんからお越しくださったのですね。
織物に魅せられて、人柄に魅せられて、小屋づくりに参加しています。
 すごく嬉しいコメントをいただいて本当に吃驚しています。近くお会いすることができますように。。
 『お一人様の老後』読んでみてくださいね^^

Comment





Comment



CAPTCHA