安古市の家, 民家再生

マンションが立ち並ぶ中、佇む古民家は。。。


DSC_1283

公共施設や、マンションが立ち並ぶ中に佇む古民家、
6年前に全面リフォームした安古市の家です。

10年間くらい空き家だったというこの家、
ブログをずっと読んでくださっていた若いご夫婦が
購入後、相談を持ちかけてくださいました。

初めて訪ねたとき、草を分けて中に入り、、、
シッポを丸めて、帰ろうかと思いました。笑

Mさまの、『この家を直して、最愛のわが家にしたい!』という
熱い思いに牽引されて、
ひとつひとつ丁寧に仕事を重ねましたよ。
心地よく住まう、シンプルモダンな『和』の家になりました。

そんな、苦労の連続(笑)の安古市の家の写真を、
なんと・・・!!UPしておりませんでした(゚o゚;;

今さらですが、ご紹介したいと思います。

image

 

 

image

玄関を入ると、昔の面影そのままの寄付(ヨリツケ)。
建具もそのままに洗いをかけ、障子を貼りなおしました。

image

image

 

どうしても、どうしても、居間に光が十分にとりにくいので、二階の床を光床としましたよ。
天井を見上げると、子どもたちの足!
二階からの光を呼び込むように。

窓辺には、家族共用のスタディコーナーを設けました。
宿題や、PCコーナーとして使います。

image

北側の台所。

DSC_13310020

 

 

image

採光と通風を兼ねて、天窓を設けました。
明るく、気持ちよい台所となりました。

天井は吹抜け、2Fの部屋とつながります。

 

この家は、くるくる回る回遊動線。
居間 →  和室  →  広縁  →  子ども室廊下  →収納  →  台所  →  居間
という具合。。

image

行き止まりのない動線は、居住性が格段にアップします。
来客から見えにくいウラ動線としても便利!

収納上手なMさま、キッチン道具、リビングの細々としたものを総て採寸!
細かく打ち合わせて収納を製作しました。

これをご紹介すると、長くなるので
別の機会に。。

居間に続く和室は、昔の面影をそのままにとどめました。

こどもたちが小さいうちは、川の字で寝室としても使えます。

image

二階は予備室。
子どもたちの成長に合わせて、こども部屋になる予定。

image

小屋裏を利用して、小さなモノオキを作りました。
このときは、ここが図書室になるとは思ってもみなかった。笑

image

6年たった今も、この家が本当に気に入ってる、と言ってくださったMさま。
家族の成長や変化に合わせて、住みこなしてくださっていて、
ワタクシ、本当に嬉しかったです。

古民家をなんとかしたい!とお悩みの方、
お話を聞いてみられたら、参考になると思いますよ!

この記事の感想や質問はコチラまで → 
少し時間をいただくかもしれませんが
必ずお返事いたしますよ!

2016-01-26 | Posted in 安古市の家, 民家再生No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA