家作りのこと

目指せ、ゼロ動線_収納計画を考える~その2~


DSC_3739_edited

暑い日が続いております。
夏バテせずにお過ごしですか?

もうすぐお盆なので、
家のお片づけや、大掃除をされている方も多いのではないでしょうか?
こざっぱりと片付いた家は、やっぱり気持ちがいいですものね!

せっかく新築するのだから、
せっかくリフォームするのだから、

ちゃちゃりと片付く家の仕組みを作りたい!

盆だ、正月だ、といって家事に追われることなく、
ゆったりと過ごせる家を提案したいのです。笑

片付けがニガテとおっしゃるクライアント様こそ、
この仕組みづくりを知ってほしい。。

私たちは、朝起きてから、夜寝るまで、
家の中を移動しながら、いろいろな行動をします。

顔を洗う。
コンタクトを入れる。
トイレのペーパーを補充する。
洗濯する。干す。たたむ。しまう。
着替える。

買い物を持って帰宅する。
上着を脱ぐ。
子どもの通信や、お知らせを読む。

こんなふうにね。

この行動を線で表したものが動線です。

この動線上に、自分に合った、しまいやすい収納がないと、
使ったもの、買い物やクリーニング、洗濯物などしまうことがおっくうになり、
家の中に、モノが散乱していってしまいます。

そう、いくら大容量の収納を作っても、
動線上になければ、部屋は散乱、
納戸はカラッポという結果になりかねません。

まずは、計画段階で、しっかり暮らしを俯瞰(ふかん)すること。
そして、

そして、
できるだけ動線をゼロに近いように、
必要なもの、または使ったものを元にもどせるように、
次回また使いやすいように、
収納を計画することがポイントです。

すっきりと使いやすく、見た目も美しくなればなお、嬉しいですよね。

Sさま宅リフォームでは、
奥さまはバリバリのワーキングウーマンなので
ゼロ動線の収納の工夫をあれこれと。

リフォーム後の収納は、次回ご紹介しますね!

2016-08-05 | Posted in 家作りのことNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA