家作りのこと

きらっきらの、夏の終わりの空の下で着工しました♪_萩原の家。


image

虫の音が響き、朝晩は夏の終わりの風が吹く、
私の好きな季節です。

現場帰りの夕暮れの空、
夕日が帯のように射し、
夏の終わりの美し雲。。

が、、、日中は暑い。
雨らしい雨もなく、こんな田舎でも
温度計は37℃という毎日です。

きらっきらの夏の終わりの空の下、現場は本格的にスタートしました。

CA3C0059

CA3C0059

まずは、24時間換気システムを床下に敷設します。
(これから家作りを始められる方のために、末尾に簡単に24時間換気をおさらいしますね!)

私が、よく提案させていただく換気システムは、『澄家』です。
人間のカラダの『肺』のように
新鮮な空気を吸って、吐く。
大切な役割です。

窓を開け閉めすることは、もちろんイチバン大事なのですが、

湿度の高い、梅雨の時分、
窓を開けたら、湿気をたっぷり含んだ空気が入ってきたり、
冬の寒い時分、換気扇を回したら、ヒューヒューと寒くなる。
また、2階は暖かいのに、一階は足元が冷える、
といった経験はありませんか?

こういったことを和らげてくれる換気システム、
オススメなのが『澄家eco』エコエアーシステムなのです。
温度と湿度を回収し、熱交換しながら、換気し
空気を循環させることで
家の中の空気を、清浄に心地よく保つ。

メーカーの回し者ではアリマセン。笑
詳しくはマーベックスさんのhpをどうぞ。

外気を取り込む部分には、フィルターがついていて
花粉やPM2.5などを除去して新鮮な空気が入ってきます。

トイレや洗面脱衣室、リビングダイニング、寝室など
埃や臭気を含んだ空気は床の換気口からダクトを通して
熱と湿度を交換され、汚れた空気は屋外に出ていきます。

後々のメンテナンスのことも考えつつ、
いつもお願いしている手際のよい職人さんが入念に施工。

さあ、ここからは大工さんの出番。
私も一緒に頑張りますね!

※24時間換気の義務付けとは。。

昔の家は断熱性が低く、冷暖房効率も悪いけれど、
家全体は風通しがよく、いわば自然と呼吸していたわけです。
現代の家は、断熱性も高く密閉性も高くなりましたが、
室内の空気がよどみがち。
建材や家具から出る、ホルムアルデヒドなどの化学物質などにより、
シックハウス症候群や、アレルギーなどに悩む人が増え、社会問題になりました。
2003年建築基準法が改正され、24時間換気の設備が義務付けられました。

2016-08-23 | Posted in 家作りのことNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA