家作りのこと

サーモカメラが教えてくれたこと_12年前の12月のこと。


日々ひび、忙しい毎日です。汗
進行中の物件、設計中の物件、
メンテナンス中の物件に、
全力投球していたら、
数日経ってしまいました😅

前回の記事の続きです。

私が、サーモカメラで撮影してもらったのは、
二つの家でした。
時は、2004年12月15日。
12年前の話です。

ひとつめのA邸は、築48年、全面リフォームの依頼をいただいて、設計中の家。
ふたつめのB邸は、OMソーラーを入れて新築し、入居後1ヶ月の家。

※OMソーラーハウスは、簡単にいうと太陽熱を家の中に取り込んで、床暖房   をするシステムです。
   詳しくはこちらをご覧くださいね。

ふたつの家は、
同じ市内にあり、気候もそれほどは違いありません。

2004年12月の午前、午後同日の撮影です。

ひとつめのA邸、12月15日晴れの日の昼下がり。

築48年、リフォーム前のお宅。
寒いのが辛い、湿気が多いのが辛い、とのご相談をいただいていたのですが。。
玄関より廊下

玄関より廊下

左側の部屋は暖房がしてあるものの、廊下の床の表面温度は、4.8℃。

暖房してある側の部屋の温度は、部屋の上部に上がるにつれて温度が高く、

赤いところ9.5℃~10℃くらいでしょうか?

MINOLTA DIGITAL CAMERA

ご両親の部屋

ホットカーペットが敷いてあるところは暖かいものの、敷いてないところは床に近くなるにつれ、冷えていき、床の表面温度は5℃です。

これでは、足元が冷えきってしまうのも無理ありません。

なんとか、暖かく心地よく暮らしていただこうと、
工事をさせていただきました。

新築のB邸には、午前中に行きました。

トイレの様子。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

トイレ

便座の部分は暖房してあるので、温度が高いですね。笑
床の温度は、18.2 ℃。

こちらも同じ家の写真。

太陽のチカラで、床の温度は、ほっこり22℃くらい。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

階段

床に近い部分が、温度が高く、
まさに頭寒足熱の様子がわかります。

リフォーム後の完成写真です。

gouso-photo dsc_0044

できればサーモカメラで、もう一度撮影してみたかったけど、
当時はめちゃめちゃ高かったのですよ。
今度は自分のカメラを手に入れたのでね、笑
いろいろ撮ってみたいと思うのです。

家を建てる。リフォームをする。
出来上がった空間はとてもきれいで、素敵になると思うのですが。
目では見えないものが、温熱です。

ほっこり、暖かい家になるように。
小さなエネルギーで、心地よく過ごせる家になるように。
夏は、すうっと風が通り抜ける家になるように。

どうしたら、そんな家になるの、と思われた方、
お気軽に、どうぞ、お問い合わせくださいね。

少し時間をいただくかもしれませんが 必ずお返事いたしますよ!

2016-09-12 | Posted in 家作りのことNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA