works(リフォーム)

リフォーム


脳内出血により半身が思うように動かなくなってしまったYさん。
6ヶ月の闘病生活を終え、いよいよ家で日々を過ごすためのリフォームです。

打ち合わせの当日は理学療法士の先生、看護師さん外医療スタッフ、
ケアマネージャーさん、医療機器屋さん、研修生のかた総勢8名。。

そしてご主人に息子さん、お母様に私たち。。立つ、歩く、座る、トイレに行く、お風呂に入る、食事に行く。。
ひとつひとつの動作を実際にしていただきながら
ベッドの位置や、出入り口、手摺りの位置高さなどを決めていきます。

ご本人が暮らしいいように。。それがいちばん!
もちろん介護される家族が少しでも負担が減るように。
ベッドにいる時間が長くなりがちなので
大好きなお庭を眺められるように。。
雨の日だって雪の日だって庭が眺められるように。。

お正月は家で過ごせるように
心を込めてリフォームしましょう。
言葉を失われてしまったYさんですが、打ち合わせが終わった私たちを
不自由な体で玄関先まで送って下さいました。
以前と変わらぬ優しい笑顔。。

今は言葉にならないけれど日々の暮らしがリハビリになって
少しでもよくなられますように。。願わずにはいれません。。

2009-10-28 | Posted in works(リフォーム)No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA