高屋の家

高屋の家


今週は久しぶりにJRで広島へと向かいました。
途中車窓から『高屋の家』が見えます。

2003年11月に完成した『高屋の家』は、OMソーラーハウスでありながら、
赤瓦に漆喰の家なのです。

酒蔵の街として有名な東広島市西条町は、訪れる人がびっくりするほど赤瓦、漆喰、ベンガラの家が多いです。
施主様はどうしてもこの風景にとけ込むOMの家を・・・というご希望でした。

私はね、実はちょっと不安だったのですよ。
OMソーラーは集熱効率を上げるため、ガラスの下は黒色ガルバリウム鋼板で葺いてあります。
果たして違和感のない外観になるだろうか?・・・と。

でも、電車の車窓から見ていると、風景の一部として溶け込んでいるようです。
いつもと違う目線から、街の風景を見る面白さも手伝って、早春のプチ列車の旅になりました。

2006-03-10 | Posted in 高屋の家3 Comments » 

コメント3件

 愛=LOVE=広島 | 2006.03.10 21:38

でっかい家だねステキな家だね

 ぶたもも | 2006.03.12 12:22

憧れるのはこんな風に

落ち着いてるけど

暖かい感じのするこんな家です

foo-koさんの造る家は

家族が早く家に帰りたくなるような

家ですね~

 foo-ko | 2006.03.14 18:46

ありがとうございます。家族が早く家に帰りたくなるようなそんな住宅を設計していきたいのです。ぶたももさんもいつでもオーダーください。私の力200%でがんばります(笑)

Comment





Comment



CAPTCHA