works(リフォーム)

ミモザの木の家、終盤。。


お盆明けに入った大きなミモザの木の家の工事、ほぼ完了を迎えようとしています。
先日リビングに蓄熱式暖房機を設置。。
出窓の下にぴったりすっきり。。

この暖房機、本体の中にレンガを積み、
このレンガを夜間の電力で温め、輻射熱で部屋全体を暖めるというもの。
慎重にひとつひとつ積んでいきます。

クライアント奥さま『こんなもので本当に暖かいの?
私は冷え性なのよ。。』と半信半疑。

一雨ごとに秋深まって朝晩すっかりと冷え込むようになってきました。
使い心地を尋ねたところ、ものすごく心地がいいそうでほっとひと安心です。

壁や外部建具などの断熱工事がうまくいってのこと。。
実際部屋に入ったときにほっこりと暖かい。

冷え性のクライアント奥さまは薄着(笑)

猛暑の中一緒に頑張ってきた職人さんに
喜んでもらえてるよ~~と報告したい気分です(笑)

薪ストーブ、ペレットストーブ、エアコン、FF式ファンヒーター、オイルヒーターなど
様々暖房がある中で、一日中家にいる高齢者のための暖房としてはいいものだと思います。
出窓の上にはご自分でステンドグラスを作られる予定です。
楽しみ、楽しみ。。
残すところもう少しとなった工事、頑張ります。

 

2010-10-25 | Posted in works(リフォーム)No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA