庄原の家

暑がり夫と、寒がり妻と。。


『暑がり夫と、寒がり妻とが一緒に暮らしています。。』

数年前、打ち合わせを始めると最初に言われた言葉です(笑)
一般的に、そういう傾向はあるものの、
庄原の家クライアントご主人は極端に暑がり、奥さまは極端に寒がりということでした。笑

何度も検討した最終プラン、
西側に葡萄畑を望む大きな窓を作りました。

syoubara-nisino

DSC06146 - コピー

冬の最中、西日は家の中まであたりほっこりと家を暖めてくれます。

外には通り土間があり、夏の日射しは家の中には入ってきません。
仕掛けられた縦格子のスクリーンを開けたり閉めたりすることで
日射しを調整することが出来ます。

加えて外からの視線を遮蔽し、土間のある暮らしを愉しめますよ。。

小さなエネルギーで暮らせる家。。
このことをアタマの真ん中に置いて家を考えています。

震災以来この気持ちがより強くなりました。

太陽のチカラ、
風のチカラ、
暖められた空気が上昇するチカラ、
いろんな自然のチカラを
しっかり最大限に生かしたいと考えています。

冬は暖かい西日を取り込み、盛夏は暑い西日を遮る。。
窓は風を取り込み、熱を逃がすように。。
パッシブデザインが基本です。

暑がり夫と寒がり妻、そして可愛いhina,azuちゃん..
自然のチカラたっぷりに心地よい暮らしができますように。。

2012-04-04 | Posted in 庄原の家No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA