家作りのヒント

やっちまいました。・°°・(>_<)・°°・硝子がパキーンの話(涙)

image

なにがパキーンと割れたかというと、、、
この写真、
ガスコンロのガラストップなのです(^◇^;)

汗だくになって、換気扇とレンジフード内部の掃除をしていたワタシ、
イケないと知りつつ、中腰の体勢に耐え切れず
ガラストップに膝をついた瞬間、パキーン((((;゚Д゚)))))))

修理は出来ると思います。。
部品を買って、ガス屋さんを呼んで。。
ちょっと凹んだ大掃除の日曜日でした。

失敗は成功の母、
応急処置のアルミテープを貼って、
元気出していきましょう〜〜。

image

大和特産の桃は、今まさに旬。
ちょっと傷みのあるものや、形の悪いものなど、
とてもリーズナブルに分けていただけるのです。

コンポートやジャムを作るのも、夏の楽しみ。。
このアルミテープ補修のコンロで、
コトコト煮るといたしましょう。笑

 

まさかの新築の打合せ@アナベルの咲く家。。

image

真っ白な紫陽花、アナベルの咲くお宅。。
道行く人が、わざわざ立ち寄って(見知らぬ人が^.^;)
無心していかれるほどの美しさなのです。

10年前にご新築。
その時は、すでにハウスメーカーさんとの打合せがお済みで。

私は、外構のデザインと施工をさせていただいたのです。
その時のブログはコチラ。

『次にもし、家を建てることがあれば、絶対に頼むから!』
『ハイ!もちろん設計させてくださいね!』
などと、冗談まじりに話していたら。。

国道の、拡幅計画の変更に伴って、立ち退きを余儀なくされて。
本当に、まさかの新築の打合せ。。

人生、なにが起こるかわかりませぬ。。笑

新しい土地を求められる前に、
残った土地に、家を建てるとすると、
どんな家になるだろう?

私の設計ココロのスイッチが入り、
施主さまの思いを聞きつつ、プランを作ってみましたよ。

image

image

平面プラン

間口4.55*奥行き10.01、なかなかの狭小住宅。^^
でも2Fリビンクで、どこからも小さな中庭を望みながら、ゆったり暮らせます。
車だって3台駐車できますぞ!

お仕事の関係もあり、結局新しい土地に設計し直すことになり、
このプランはお蔵入りとなりました。

けれども、施主さまが、究極のところ、何を大事に暮らしていきたいか、
持ち物をセレクトしていくと、どのくらいの収納が必要かetc..
いろいろ考えていただいて、お話も聞けたので有意義な時間でした。

新しい土地も購入され、今度は本当の設計です。
まさか、まさかの二度目の新築の家、
アナベルの移植先も考えます!!

 

『Shopのロゴ』入りオーニング。。

先日お伝えしたオーニング。。

カフェ、その他店舗。。
ロゴ入りオーニングも製作可能だそうです!
オシャレ感、実用感、満載です!
image
こちらの写真は、
『かたつむりの家』で、後付けさせていただいたオーニング。
オーニングで有名なタカノのものです。

タカノ式オーニングと、今回ご紹介したオーニングの違いは、また次回に。

※『かたつむりの家』は納屋リノベーションさせていただいた、土間リビングの家。
 住まい手さんと共に、とても愉しいやりとりの上で、設計施工させていただきました。
 
 『かたつむりの家』のブログはコチラから  

 

オーニングの威力。。

灼熱の日差し、
家の中にジリジリと。。

西側に、大きな窓があると、
夏の西陽は本当に辛いもの。

緑のカーテンや、よしずもモチロンいいのだけれど、
ワンタッチで開け閉めできる
涼しげなメッシュのオーニングがあれば。。。

ということで、
仲間の技術屋さんが、こんなものを作ってくれました!
image

image

日本を始め、ヨーロッパで特許を取ったという、
このオーニング。
わずか数万円でつけられるというのも嬉しい。。

モチロン、条件が合えば、今ある窓にも取り付け可能だそうです。
是非お問い合わせくださいね!
fookomogmog@gmail.com

自然のチカラを、とことん使って、心地いい家を作る。
もう、20年近く、勉強会を続けている仲間たち。
構成員は、設計事務所、工務店だけなく、技術屋さんも。。
いつも、いい刺激をいただいています。
頑張っている仲間の存在に感謝。。。

 

手刻み@三原の農小屋。。

image

image

夏を思わせる、照りつける太陽の下、
三原の農小屋を上棟しました。

間口9m、奥行き4.2mの小さな小さな小屋。。

工場でのプレカットではなく、
大工さんチームが、
ていねいに手刻みしてくれました。

人の手を通って出来上がった軸組は美しく、
このまま、小さな住まいか、ワタシの仕事小屋にしたい!と思いました。笑

匠の技を受け継ぎ、知恵を絞り、
良きものはきちんと受け入れながら、
気負うことなく、きっちり仕事をしてくれる
大工さんチームは、私の誇りでもあります(*^^*)

過去のブログです。こちらもどうぞ。。

2016-05-20 | Posted in works(新築), 家作りのヒントNo Comments »