家作りのヒント

国が支援してくれること~リフォーム編~

image

 

連休あけの月曜日。
気持ちよいスタートを切られましたでしょうか。

私の3連休は、新緑に包まれたグランドで、高3の息子2号の野球観戦。。
高校球児たちの一生懸命な姿を応援してきましたよ^^。

今日は、リフレッシュしたアタマで、新築工事の最後の見積調整をしております。

住宅のリフォーム工事について、国が応援してくれること。。
それは、補助金と減税です。

断熱をきちんとする、
省エネルギーで暮らせる機器に取り替える、
耐震補強をする、
浴室やトイレを改修して、暮らしやすくする、
段差をなくし、手すりをつける。

などして、所得税や固定資産税が減税になったり、
補助金をもらうことができのです。

リフォームを考える際に、是非知ってほしいので
主なものを、かいつまんで書いてみますね!

【減税に関するもの】

・省エネリフォーム投資型減税    →  所得税の減税
. 省エネリフォームローン型減税              →  所得税の減税
. 省エネリフォーム固定資産減税              →  固定資産税の減税

・バリアフリーリフォーム投資型減税    →  所得税の減税
・バリアフリーリフォームローン型減税               →  所得税の減税
・バリアフリーリフォーム固定資産減税               →  固定資産税の減税

・耐震リフォーム投資型減税               →  所得税の減税
・耐震リフォーム固定資産減税                →  固定資産税の減税

※ 投資型減税とは、自己資金で改修する場合と、ローンを利用して改修する場合の、
どちらでも適用できる減税制度です。
※ 減税の詳細は住宅リフォーム推進協議会 http://www.j-reform.com/zeisei/index.html

【補助金に関するもの】
・住宅省エネリノベーション促進事業費補助金 http://sii.or.jp/material/top.html
・ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業補助金  http://sii.or.jp/zeh/
・長期優良住宅化リフォーム推進事業        http://www.kenken.go.jp/chouki

どうぞ参考にしてみてくださいね!
私もいくつか補助金の申請をしています。
ご質問等あればこちらへどうぞ。。

2016-05-09 | Posted in 家作りのヒントNo Comments » 

 

実家のリフォーム@本気でする!

本気でリフォームする。

そうです!
自分のために。家族のために。
幸せは、自分の内にある。
家での暮らしが、自分にとって心地よければ、
肩のチカラを抜いて生きていける。。

陽の光。
通り抜ける風。
日陰。
暮らしにちょうどいい大きさ。

必要とする場所に、必要なだけの収納。
底冷えする冬を、暖かく過ごせる工夫。
灼熱の夏を涼しく過ごす工夫。

家族が集い、笑い声が響く場所。
滅多にはないけど、一人で泣ける場。笑

古い家でも、古い家でなくても、
予算があっても、無くても、
大切なのは、本気のキモチ。

いっぱいいっぱい語り合って、
本気のリフォームを応援できたらな。と思います。

2016-05-08 | Posted in 家作りのヒントNo Comments » 

 

実家をリフォーム@手を入れて暮らす。。

7635f25297d96b4ad525ed4614a69da6

素足で歩く、板の間や畳の心地よさ。。ひんやりした土間。。
庭に向かって開かれた、すう~っと風の通る縁側。。
障子越しにさしこむ、陽の光。。

年を重ねてきた家には、しみじみと身体に染みる心地よさがあります。

風土に合った、木や土。
確かな手仕事で作った古い家は、

きちんと手を入れることで
蘇らせることが、できます。

CA3C0059

今まで手がけてきた、たくさんの古い家。
リフォームするまでもなく、
比較的やりやすいことを挙げてみました。

是非、ヒントにしてみてくださいね。

・ 要らないものを整理する。

これは重要です。笑
子ども箪笥があったり、ビニールロッカーがあったり。
当たり前に思えて、実はいちばん難しいかも。。

親のモノ、思い出のモノ、高価なモノ、いただいたモノ。。
たくさんのモノをどう、整理するか。
これにはコツがあります。
が、、本題からはずれてしまうので、後日あらためて書きますね。

 

モノを整理すると、清々しい空間が現れるのは何度も経験しました!
注意してもらいたいのは、古い家具はかんたんには、捨てないこと。
素敵な利用方法があるかもしれません。

・ 手入れの基本は、水拭き。

木の家の手入れは合成洗剤を使わずに、基本水拭きしてください。
ひどいヨゴレは亀の甲たわし。細かいところは歯ブラシ。
焼き鳥の串も便利です。(わが社では、焼き鳥の串を常備しています。笑)

木の建具は水洗いせず、固く絞った雑巾で拭きます。(反りや狂いがでるのでね。)

・ 艶を出すにはには乾拭き。

・ かさかさになったら油分の補給。

荏油(えあぶら)で油分を補給します。
荏油を、木綿の布(綿100%の古い肌着とか)に染みこませ、擦り込みます。
べたべた塗らないのがコツ。

http://www.ohtaoilmill.co.jp/product/114/

・ 障子を張り替える。
破れないプラスチックの障子紙は、私としてはNGです。
光の透り方も、風合いも、全然違います。
是非、紙を貼ってください。

・ 襖を張り替える。
畳の表替えをする。
必要なら、業者さんに依頼して、襖を張り替えたり、畳の表替えをしたり。
襖紙はいろいろあります。
同じく畳の縁もいろいろ。
業者任せにせず、見本帳をみてみると楽しいです。

DSC_4525-001

・ 気に入った家具を置いてみる。
野の花を活けてみる。

古い家には、古いモノがいろいろあり。。
ワタシなどは、その素材や手仕事にうっとりすることもあるのですが。。笑
野の花を摘んで、瓶に活けて置いてみると、ぐっと素敵になりますよ。
是非お試しくださいね。

ご感想、質問などお気軽にこちらへ  →  

 

実家のリフォーム@お体が、少し不自由になられた方へ〜日々の暮らしよくするために〜。

image

年を重ねれば、ほとんどの方が身体能力が下がっていきますよね。
今は、元気いっぱいの私らも、きっとそうなります。

小さな段差でつまづく。

布団から、
またはベッドからの立ち上がりが難しくなったり、
靴の脱ぎ履きに、手すりが必要になったり。

怖いのは転倒です。

私の母は一回目、転んで尻もちをつき
腰骨の圧迫骨折、

治療して自宅に帰った直後、
家の中で転倒、右大腿骨頸部骨折しました。

太ももの付け根、蝶番の所です。

再び手術、リハビリ。
その途中、薬害でアルツハイマーに似た症状を発症。
排泄の介助が必要となり、会話もできない、表情もない
といった状態が続きました。
生活と仕事、介護のバランスが取れず、
私のココロも崩壊寸前でした。

自宅の中での事故を甘くみてはいけないし、
障害があるからといって、
すぐに施設入所を考えるのもどうかと思います。

車椅子用テーブル

自分の家で、普通に暮らしたい。。

家の中に手すりがとかがあったとしても、
全てが安全なわけではないけれど、
少しでも元気で安全に生活できるように、

小さなリフォームをしたり、
スロープをつけたり、手すりを付けたり、
段差を解消したりして、

自分が自分の脚で立って、
少しでも自分らしく生活できるように
トトノエルことができます。

そして介護保険制度を使えば、
住宅改修の補助金を受けたり、必要なもののレンタルをすることができます。
まずはお近くの介護保険サービス事業所に相談してみてくださいね。

まずは、話を聞くことですよ!

 

 

 

今あるものを、生かす@豊栄の家。。

DSC_2125

失ってしまえば、
そこにあったことすら、忘れてしまう。。

今あるものを見直して、
生かして使えるかどうか、考えたい。。

モノにあふれる時代、
お金を出せば、いろいろなモノを手に入れられる今だからこそ、

真摯に向き合っていきたいな、と思うのです。

先日、納屋リノベーションした豊栄の家。
考えてみれば納屋そのものが、
『今、あるものを生かして使う。』ことになるのですが(笑)

家具や小物、いろいろと生かして使うことを考えました。

DSC_2110

タタミ一帖を超える、たっぷりしたテーブル。
家族や友達、わいわい集まって食事をしたり、
趣味の作業や、家事に、とっても便利ですよね~。

天板は山桜の無垢板です!
でもよく見ると。。
脚はちぃっと錆感のある鉄脚。。

これは、施主さまがもらって使われていたもの。
ベニヤ板をつけ、テーブルクロスをして使われておられました。

脚を磨き、天板を取り替えて、メインテーブルとして再生~♪

DSC_2034

窓辺のカウンターに並んだ赤い椅子。

こちらは、某事務機メーカーの、よくある椅子でした。
座面のビニールが傷み、とれないカビもあったものの、

しっかりした作りで座り心地もよかったので
貼り替えることにしました。

施主さまが生地をセレクト。
リネン混じりの赤!
DSC_2083

2脚とも再生です♪

処分する?でもモッタイナイ。。と悩んでおられた古箪笥。
DSC_2069

大工の雅さん、引き出しを調整し、引き手を付けて、
収納として再生♪

DSC_2137
DSC_2097

古い建具も戸車を替え、寸法を調整して再生♪

必要に応じて手をかければ、かけがえのないものになるものが、たくさん。

身の回りに、再び息を吹き返す素敵なモノはありませんか?

過去のブログもよろしければこちらから。

古い床板や煤竹を使った囲炉裏小屋

アンティークな椅子の秘密は。。

レトロ可愛い硝子@小泉の家
(広島住まいづくりコンクール リフォーム部門最優秀賞)

古い欄間を再利用@別所の家