設計事務所日誌

まさかの新築の打合せ@アナベルの咲く家。。

image

真っ白な紫陽花、アナベルの咲くお宅。。
道行く人が、わざわざ立ち寄って(見知らぬ人が^.^;)
無心していかれるほどの美しさなのです。

10年前にご新築。
その時は、すでにハウスメーカーさんとの打合せがお済みで。

私は、外構のデザインと施工をさせていただいたのです。
その時のブログはコチラ。

『次にもし、家を建てることがあれば、絶対に頼むから!』
『ハイ!もちろん設計させてくださいね!』
などと、冗談まじりに話していたら。。

国道の、拡幅計画の変更に伴って、立ち退きを余儀なくされて。
本当に、まさかの新築の打合せ。。

人生、なにが起こるかわかりませぬ。。笑

新しい土地を求められる前に、
残った土地に、家を建てるとすると、
どんな家になるだろう?

私の設計ココロのスイッチが入り、
施主さまの思いを聞きつつ、プランを作ってみましたよ。

image

image

平面プラン

間口4.55*奥行き10.01、なかなかの狭小住宅。^^
でも2Fリビンクで、どこからも小さな中庭を望みながら、ゆったり暮らせます。
車だって3台駐車できますぞ!

お仕事の関係もあり、結局新しい土地に設計し直すことになり、
このプランはお蔵入りとなりました。

けれども、施主さまが、究極のところ、何を大事に暮らしていきたいか、
持ち物をセレクトしていくと、どのくらいの収納が必要かetc..
いろいろ考えていただいて、お話も聞けたので有意義な時間でした。

新しい土地も購入され、今度は本当の設計です。
まさか、まさかの二度目の新築の家、
アナベルの移植先も考えます!!

 

小さなヨロコビ。。

日々日々、繰り返される仕事の中に、
ふうっと嬉しい瞬間があります。

それは、それは
小さなヨロコビ。。

先日、5年前させていただいた、
小さな美容室に、再塗装の打ち合わせで訪ねました。

image

美しく年を重ね、外壁もいい感じ。
クライアント様のご希望で、今度は白にセルフペイント。。
うまくいくかどうか、ドキドキですが、
クライアント様の大事にしていこう!という思いに感服しつつ、
セルフペイントの注意点を話させていただきました!

そしてそしてを、もう一軒。
10数年前に建てさせていただいたお宅を訪問。
バルコニーにはブランコがありました。

image

image

遠くに連なる山々と、毎年行われる花火を見るように、
ブランコを吊り下げたのを思い出しました。
当時小さかった子どもたちは、成人して家を出られたようですが
大切に住んでくださっていて、本当に嬉しかったのです。。

永く愛していただける家を作る。これが私のテーマの一つなのですから。。

2016-04-25 | Posted in 設計事務所日誌No Comments » 

 

祈る。。@うららかな春の日に。

01199a18b2afe67369b77e1acf2f11fbd5de096244

あの日から、一週間が過ぎました。

熊本、大分、先の地震で被災されたみなさま、
不安を抱えながら、日々頑張って過ごしておられるみなさま、
被災地で奮闘されているみなさまに、
あらためて、心からお見舞い申し上げます。

なんども訪れた大好きな場所、思い出がいっぱい場所の
凄惨な映像を見ながら、
自分の無力さを感じます。
なんども繰り返される、自然の脅威の下、
私のできる支援を、続けていくしかありません。

今は、出口の見えない暗いトンネルの中かも知れないけれど、
途方もない悲しみに包まれているかも知れないけれど、

必ずや季節は巡り、新しい時はやってきます。
どうかどうか、希望を失わず頑張ってください。

繰り返される激震の中で、
暮らしの基盤となる『住宅』を作る仕事の
責任の重さを、あらためて感じています。

真面目にコツコツと、
住宅を作り続けていくことしかないです。

先日、メンテナンスで訪ねた、築15年のクライアント様から、
こんな質問を受けました。
『わが家は、震度7地震に耐えられますか?』
誰しも聞きたい問いだと思います。

大丈夫です!と簡単には言えない。

地震と建物の関係を、わかりやすく説明されている
横浜市のHPを見つけました。
どうぞ参考にしてください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/shidou/anzen/citizen/jisin.html

活断層の直上だったら。。
(活断層の位置も確かめてくださいね。
国立研究開発法人産業技術総合研究所のHPです。

震度7強の地震が、繰り返し起こったら。。

命がいちばん大切です。
防災用品、避難経路。

友人の保育士から、園舎の安全性について、
旧い友から、自宅の地盤と傾きについて、
相談を受けています。

心配を抱えないで、どうぞまずご相談ください。

こちらまで → 
少し時間をいただくかもしれませんが
必ずお返事いたします!

2016-04-24 | Posted in 設計事務所日誌No Comments » 

 

「ひろしま住まい作りコンクール2015」表彰していただきました!

image

image

ひろしま住まい作りコンクール2015

施主さまと、施工会社(有)フカガワ代表のオットと一緒に、
表彰式に行ってきましたよ。

リフォーム部門最優秀賞の選評として

『130年間、使い続けた家を、
家族の暮らしを快適に、安全なものとして、

更に永く住み続けられるよう、

田の字型の典型的な民家に、
「集いの場」「食の場」「水廻り」「個の場」などの
ゾーニングを考え、

暗いイメージの民家に、吹き抜け、天窓などにより、
「光」と「風」を呼び込み、
自然をうまく利用したプランとなっている。

また、土間をコミュニティーの場として活用するなど、
地域との連携も取れる、生活スタイルに合わせた改修と、

外観も良く、在来の形式の保存に努めていて、
参考となる事例である。』

審査委員長 元廣清志様からいただきました。

ありがとうございます!

私たちが、いちばん大切にしている、

「安全に、心地よく、自然とともに住まう。」
ということを、高く評価していただいたことを、
心から嬉しく思います。

古く、取り壊した方がいいかと思われる建物でも、
きちんと調査し、丁寧に設計施工することで、
新しい命を吹き込み、その役目を担っていくことができます。


この度の受賞を励みに、
今までのスタンスを変えることなく、
建築主さまの「思い」に心と耳をかたむけ、
ていねいに仕事をしていきたいと思います!

2016-03-22 | Posted in 設計事務所日誌No Comments » 

 

リフォーム部門最優秀賞を受賞しました!「小泉の家~時代を超えて、住み継ぐ~」

 

0111f3eb479c6b0b79a73e04163e6deaded96cd581

広島すまいづくりコンクール2015リフォーム部門最優秀賞をいただきました。

明治~大正~昭和~平成と、まさに時代を超えて住み継がれてきたこの家。

初めて、このお宅を訪ねたときに、、、
私のしっぽは丸まり、口数は減り。笑

北側の柱や壁は朽ちて落ち、
歩くと床はふわふわ…。
古い家特有のじめっとした空気感。

家の断熱性能や構造の補強、機能をあげつつ、
新しい家にはない、この家の良さをそのまま活かそうと、
Yさまや、チームフカガワの職方のみんなと、何度も何度も話し合いました。

3人4脚での受賞で、本当に喜びひとしおです。
これからも施主さまの家への思いに寄り添って、
確かな仕事をしていきたいと思います。

受賞式は今週末、またご報告したいと思います。

また、お住まいの写真を撮影させていただいたものを
UPしますね!

この度の受賞を、建設新聞でいち早く見つけてくださった
Oさま、綺麗な花を有難うございました!