安古市の家

マンションが立ち並ぶ中、佇む古民家は。。。

DSC_1283

公共施設や、マンションが立ち並ぶ中に佇む古民家、
6年前に全面リフォームした安古市の家です。

10年間くらい空き家だったというこの家、
ブログをずっと読んでくださっていた若いご夫婦が
購入後、相談を持ちかけてくださいました。

初めて訪ねたとき、草を分けて中に入り、、、
シッポを丸めて、帰ろうかと思いました。笑

Mさまの、『この家を直して、最愛のわが家にしたい!』という
熱い思いに牽引されて、
ひとつひとつ丁寧に仕事を重ねましたよ。
心地よく住まう、シンプルモダンな『和』の家になりました。

そんな、苦労の連続(笑)の安古市の家の写真を、
なんと・・・!!UPしておりませんでした(゚o゚;;

今さらですが、ご紹介したいと思います。

image

 

 

image

玄関を入ると、昔の面影そのままの寄付(ヨリツケ)。
建具もそのままに洗いをかけ、障子を貼りなおしました。

image

image

 

どうしても、どうしても、居間に光が十分にとりにくいので、二階の床を光床としましたよ。
天井を見上げると、子どもたちの足!
二階からの光を呼び込むように。

窓辺には、家族共用のスタディコーナーを設けました。
宿題や、PCコーナーとして使います。

image

北側の台所。

DSC_13310020

 

 

image

採光と通風を兼ねて、天窓を設けました。
明るく、気持ちよい台所となりました。

天井は吹抜け、2Fの部屋とつながります。

 

この家は、くるくる回る回遊動線。
居間 →  和室  →  広縁  →  子ども室廊下  →収納  →  台所  →  居間
という具合。。

image

行き止まりのない動線は、居住性が格段にアップします。
来客から見えにくいウラ動線としても便利!

収納上手なMさま、キッチン道具、リビングの細々としたものを総て採寸!
細かく打ち合わせて収納を製作しました。

これをご紹介すると、長くなるので
別の機会に。。

居間に続く和室は、昔の面影をそのままにとどめました。

こどもたちが小さいうちは、川の字で寝室としても使えます。

image

二階は予備室。
子どもたちの成長に合わせて、こども部屋になる予定。

image

小屋裏を利用して、小さなモノオキを作りました。
このときは、ここが図書室になるとは思ってもみなかった。笑

image

6年たった今も、この家が本当に気に入ってる、と言ってくださったMさま。
家族の成長や変化に合わせて、住みこなしてくださっていて、
ワタクシ、本当に嬉しかったです。

古民家をなんとかしたい!とお悩みの方、
お話を聞いてみられたら、参考になると思いますよ!

この記事の感想や質問はコチラまで → 
少し時間をいただくかもしれませんが
必ずお返事いたしますよ!

2016-01-26 | Posted in 安古市の家, 民家再生No Comments » 

 

小さな図書室@安古市の家。。

image

大人は立っては歩けない。。
タタミ2帖ほどの小さな図書室です。

ここは、、、
築80年の家を再生した、安古市の家の
元、モノオキ。
(このモノオキの話はコチラ

数年ぶりに、安古市の家をふらりと立ち寄らせていただきました。
すぐすぐ、近くまで行ったのでね。

お顔だけ見て、お住まいの様子を聞かせていただこうと思ったのにね、
招かれるまま、リビングで話の花が咲いてしまいました。笑

気に入って、大切に住んでくえださっている様子、
成長された子どもちゃんの話、
住んでみられてからの感想、
思いどおりにいかなかった収納の話、
これまでの話、これからの話。

そして出来上がった、小さな図書室も見せていただきましたよ。

三人の子ども達の秘密基地のような。。。
ほら穴のような、ほっとくつろぐ、いい空間です。

2016-01-19 | Posted in 安古市の家No Comments » 

 

小さな図書室。。

tosyositu3

安古市の家のMさんから、
素敵な要望がありました。

古民家を改修した折りに、モッタイナイから物入れにしよう
と作った小さな小屋裏部屋。。
タタミ2帖分ほどのスペースでしょうか。。

ここを小さな図書室にしたいとのこと。。

思いもよらないことでした。
大人が立って歩けないこの小部屋、
確かに籠もって本を読み耽るには
なんともいえないいいスペースになりそうです。。

いろいろ相談を重ねた結果、
自分たちで作ってみたい、
ということで材料を事前にある程度加工し搬入しました。

tosyositu tosyositu2

明かりの点いているところが小屋裏部屋の入り口です。

「まず一番にこの長さを決めて、ここを固定してね。」

棟梁の説明を聞く奥様の表情は真剣そのもの。。
傍らで子どもたちは材料をつついて遊び楽しそうです。

多分容易ではないだろうけど、
苦労した分、思い入れのある図書室になると思います。

ガンバレ、Mさん!
出来上がりを楽しみにしてますよ!!

2011-08-17 | Posted in 安古市の家No Comments » 

 

オープンハウスのお知らせ~安古市の家~

今年も残すところ2週間となりました。
何かと気ぜわしい年の瀬ですが、『安古市の家』オープンハウスのご案内です。

築80年、うち10年間は住み手を失い、風も通ることなく雨漏りさえしていた家。
家のなかは薄暗く寒々とした感じでした。

床下には防湿、屋根地を直し瓦を葺き替え、もちろん壁天井にはしっかりとした断熱。。
大工さんをはじめ、いろいろな職方の地道で丁寧な仕事により、
和の風情を残しつつ、若い家族の生活を紡ぐ家に、生まれ変わりましたよ。

  
  

最初の写真の建具に、工事用の脚立が写っています(汗)
この建具にはちょっとした仕掛け(?)が。。

仕掛けというほどではないのですが、柔らかく部屋を間仕切る。。という建具。

シルエットが透けるので脚立がばっちりと写った訳です(笑)。
年末の忙しい時期ではありますがどうぞお運びくださいね。

日時 12月19日(土)10:00~16:00
12月20日(日)10:00~16:00
場所 広島市安佐南区役所近く。
申込 TEL 0847-33-0668
FAX 0847-33-1651
email info@fukagawa-cons.co.jp
※ 詳しい地図駐車場場所をご案内します。

2009-12-15 | Posted in 安古市の家2 Comments » 

 

安古市の家追い込み中。。

8月から進めてきた『安古市の家』がいよいよ追い込みです。
現場では建具が入り、照明器具がつきました。
いよいよ完成へ大詰めです。

    

築80年という風格を備えながら、若いご家族が
これからの暮らしを紡いでいく家へ、、と生まれ変わりましたよ。。

照明器具は、クライアントご夫妻が、切り子硝子の器具などを、選んで買ってきてくださったものを取り付け。。
新築とひと味違う、長く根気のいる仕事に、チカラを尽くしてくださった相棒の大須加建設さん、関わってくださった職方のみなさまに多謝。。

もう一息です。。
オープンハウスをいたします。

師走の忙しい時期ではありますがぜひ是非お運びくださいね。
12月19日(土)20日(日)
詳しくは近々にお知らせします。

2009-12-11 | Posted in 安古市の家No Comments »