郷曾の家

それぞれの、改修物語。


季刊『住む。』は私が楽しみにしている雑誌のひとつです。
夏号の表紙、なんとも涼しげでいいです。

今月の特集は「それぞれの、改修物語」。
週末の自力改修、工務店による徹底改修、横浜の洋館付き和風住宅の改修。
それぞれに改修に拘った人たちの思いが込められていて素敵です。

改修・再生実用講座は、今改修をお考えの人、必見!!

年月の経った家は風合いや風格を持ち、新築にはない豊かさをもっています。
スクラップアンドビルドでは悲しすぎる。
しっかりとした日本の伝統技術で建てられた家はきちんと改修すれば、新築以上にいい家になると思います。

新築以上に工事は大変かも。
私も昨年築43年の大きな民家を改修させていただきました。

構造をひとつひとつ見極めながらの解体します。
時にものすごくチカラのかかっている柱があると、
「大変だったね。今にラクにしてあげるから。」と話しかけたりして・・・。

見えるところだけでなく、見えないところへの耐震改修も大事なポイント。


大変だったけど楽しかった仕事です^^

2006-07-07 | Posted in 郷曾の家2 Comments » 

 

2006電化住宅建築作品コンテスト

『郷曽の家』が
リフォーム部門で入賞しました。

小学校の走り幅跳びで賞状もらって以来の賞かもしれない。。

とすると、なんと、ン十年ぶりにいただいた賞?

入賞者の一覧をみるとそうそうたる面々。。
嬉し恥ずかしでございます。

お施主様、うちのスタッフ、いつも支えてもらっている大工ほか職人の皆様
ありがとうございます。

この受賞は、みんなで喜びたいと思います。

2006-02-14 | Posted in 郷曾の家No Comments »