works(リフォーム)

中古平屋の家のフルリノベーション、サムサニマケズ追い込み中_西条の家

IMG_0255

こんばんは!
わが家の窓から見える皆既月食です。
すこーし薄雲がかかっていて、はっきり見えないのが残念。。

みなさまの窓からは、どんな月が見えていますか?

IMG_0230

今日は、東広島市西条町で進行中の

木造平屋のフルリノベーションの続きのお話。
寒い日が続くなか、
大工さんチームを筆頭に、職人さんチームの頑張りで、
現場はずいぶん進んで来ました。

(ブログの進行が間に合っていませんが。。(^◇^;))

解体前の元の姿は、、
IMG_0484

IMG_0431

IMG_0448

昭和の香りがする、笑
どこか懐かしい感じの家。
リフォームをして、大切に住んで来られた様子が伝わってくるのですが。

30代のご夫婦➕子ども3人のご家族が新たに住まいとするためには、
耐震工事、断熱工事などきちんとしたい!ということに。

そこで、家の健康診断というべき、インスペクション(現況調査)をしましたよ。
状態がわからなければ、治療ができないのでね。

IMG_0492

基礎部分の鉄筋に反応する鉄筋探査機で検査ちう。の様子。

床下に進入すると、シロアリさんの道を発見!
IMG_0531

中には、ゾクゾクとシロアリさん生息(((o(*゚▽゚*)o)))

IMG_0626

シロアリさんが食ったところはこんな風になります。

現況検査→リフォーム設計→耐震断熱等詳細設計→長期優良化リフォーム設計→着工

ざっとこのような手順を踏むのですが、
検査機関から何度も訂正や説明を求められ、、
着工は当初の予定より数ヶ月も遅れてしまいました。

古い家をきちんと耐震化設計をして
長期に渡って家をきちんと住み続けることができるよう
維持保全計画を作成。

これにより、高額な補助金を受けることもでき
メリットは大きいのです。

しかし、申請から着工まで
予測以上に時間と手間がかかったのも事実。

これから取り組まれる方は、
工事期間にかなりの余裕を持っておかれた方がよいかと思います。

さて、いろいろな手続きを経て、ようやく解体開始。
シロアリさんに食われたところはモチロン撤去しましたよ。

image

image

天井を落とすと、小屋裏には弊串が。。
昭和47年上棟が刻まれています。
きっと、家族の大きな喜びとともに、上棟を迎えられたのでしょう。

リフォーム、リノベーションで解体をする度に、
身の引き締まる思いがする瞬間です。
きちんと直して、長く住み続けてもらうように頑張らなければなりません。。

また工事の様子を紹介していきたいと思います。

2月末にはオープンハウスが出来ると思うので
詳しい日程は、またお知らせしますね。

平屋の家のリフォームに興味がある方、
耐震断熱リフォームに興味がある方、
長期優良化リフォームに興味がある方、
贈与により住宅リフォームをされたい方、
贈与税の控除の条件について、詳しく知りたい方、

どうぞ見に来てくださいね!

 

リフォーム完成photo_北側リビングの家を暮らしよく。。

ごうそ

賀茂大地には、石州赤瓦屋根の家がたくさんあります。

赤瓦、白漆喰壁、立派な柱・梁で建てられた家々は、風景を作り
訪れる人を驚かせます。。

しかし、この純和風の立派な家、
客間が、日当たりのよい南側を占領し、
住んでいる人は、北側の日当たりの悪い(寒い!)ところで暮らしている。。
というのも、よくある話ではないかと思います。

今回リフォームさせていただいた家も、北側に居間があり、
日中でも、薄暗いことや、収納の少なさやら、台所の使い勝手やら、etc….

いろいろな悩みをお持ちでした。

退職を機に、終の棲家として、リフォームを決意されましたよ!

プランで悩み、解体してから、ううむ。。。と唸ることの多いのが、リフォームの現場です。
この度、いつもに増してアタマを悩ませました。

北側の居間に、モットヒカリヲ。。。
玄関を開けたら、丸見えになってしまう居間に、視線を遮りながら風を通す工夫を。。。
バリバリ現役で仕事をされている奥さまに、ちゃちゃりと家事をこなせる動線と収納を。。。
退職後から将来を見据えて、ゆっくりくつろいで暮らせる、心地よい家を。。。

今日は、その完成photoをご紹介しますね。

DSC_4075-002

こちらは、家族が集まるリビング。
施主様ご希望の掘コタツを、ヒノキで作りました。

居間と台所がそれぞれ独立していたのですが、
広々、ワンルームでつなげました。。

実は、こんな仕掛けをしてあります。

DSC_4070

DSC_4081

仕切りたいときには、ロールスクリーンの生地を入れた障子で、柔らかく間仕切るのです。
どこに3枚の障子が隠れているか、わかりますか?笑
(下の写真、ワークスペース本棚の裏を見てくださいね!)

そして、こちらは。。

DSC_4099DSC_4101

こちらは玄関側に位置する障子。
上下とも摺り上げることができる、雪見月見障子です。

夏に戸を開け放しても、居間の様子が丸見えにならずに、風を通すことができます。

DSC_4054

こちらはダイニングテーブル脇にある、奥さまのワークスペースとして。
台所にあれば、日常の、こまごました時間を利用して、仕事をこなすことができますよね。

家事動線と収納については、しっかり話し合い
意見を聴きながら、プランしました。

その様子は、盛りだくさんなので、またの機会に。。

2016-07-05 | Posted in works(リフォーム)No Comments » 

 

納屋リノベーション工事、進んでいます@豊栄の家。。

『たくさんの思い、たくさんの夢。。
誰に頼んだら、思いを伝えながら、リノベーションできるのだろう。。
母屋の隣の古い納屋。。
どうしよう、どうしたい私?』

迷った末に、たどり着いてくださりました。
たくさんの、素敵な思いの「もつれ」を、ひとつずつ解きながら。。

image

image

工事は順調に進んでいます。

地元のアンティークショップ、リカムアクロスさんで求められたという
ステンドガラス。

ああがいいか、こうがいいかと
棟梁と私でスッタモンダして。。
すっきりと取り付けてもらいました。

陽を受けると、とても綺麗。
工事現場でありながら、なんだかいつもと違う感じです。笑

なぜ、この低い位置なの?
上の透明な窓はナニ?

これにはワケがあるのですよ!
それはまたの機会にお話しますね。

2016-02-17 | Posted in works(リフォーム), mcafeNo Comments » 

 

暮らしのまん中に、レトロなテーブル。。

 

先日、リフォームの引渡しをして、一ヶ月ほど経過したクライアントさま宅を訪問しました。

ダイニングに置かれていたのは、使い込まれた飴色のテーブル。。
抽斗(ひきだし)は、箱膳式に使われていたもの。

image

実は、このテーブル。
アンティークな回転椅子と一緒に、納屋の中に眠っていたものでした。
素材は松。
ひきだしの取っ手は外れ、傷みがかなりありました。
けれども、ガタつきはなく、何よりしっかりと作られている。。

これも直したら、素敵なテーブルになりますよ。と提案すると、
『いえいえ、こんな古いモノは、もう使いません。』とクライアントさま。

きっと、住みながら、テーブルをどうしようかと悩んでくださり、
私の提案を信じて、修理に出してくださったのでしょう。
クライアントさま、満面の笑顔です^_^

しっかりした無垢材で作られた古い家具は、釘などを使わないで、丁寧に作られているものが多いのです。
磨いたり、傷んでいる部分を取り替えたりしたら、味のある素敵な家具になる。。

リフォームしてピカピカになった空間に
スッと馴染み、なんとも落ち着いた雰囲気になるのです。
最愛のわが家のインテリアなのですよー!

活かして使いたいモノがある方、
古い建具や家具を使って、レトロなリフォームをしたいと思う方、
永く使えるシンプルで上質な家具をオーダーしたいとお考えの方、

どうぞお気軽にご相談くださいね→

 

木や畳の香りがふわっとする度に 。。

梅雨本番、今日もしっとり雨ですね。
庭のあじさいもしっとり。。


どんよりしがち日々ですが、
嬉しい嬉しいメールをいただきました。
ーーーーーーーー
リフォームしていただいて初めの梅雨。
昨年とは比べものにならない程快適に過ごさせていただいてます。
ありがたいです。
木や畳の香りがふわっとする度に
しあわせを感じております^ ^
(昨年はカビの香りでフラッと(-。-;してました)
ーーーーーーーー

限られた予算の中でのリフォームでしたよ。

いろいろ願いがあるうちの何を叶えていきたいか、
収納はどうするか、
光や風の通りぐあいはどうか、
毎日触れる床やテーブル、手触りはどうか、
日々を心楽しく過ごせる、愛すべき家になるか、
etc..エトセトラ。。

クライアントさまといっぱい打ち合わせ(おしゃべり ?笑)して進めました。
喜んでいただけて本当にヨカッタ。。

 

2015-07-07 | Posted in 川端の家No Comments »