works(リフォーム)

木や畳の香りがふわっとする度に 。。

梅雨本番、今日もしっとり雨ですね。
庭のあじさいもしっとり。。


どんよりしがち日々ですが、
嬉しい嬉しいメールをいただきました。
ーーーーーーーー
リフォームしていただいて初めの梅雨。
昨年とは比べものにならない程快適に過ごさせていただいてます。
ありがたいです。
木や畳の香りがふわっとする度に
しあわせを感じております^ ^
(昨年はカビの香りでフラッと(-。-;してました)
ーーーーーーーー

限られた予算の中でのリフォームでしたよ。

いろいろ願いがあるうちの何を叶えていきたいか、
収納はどうするか、
光や風の通りぐあいはどうか、
毎日触れる床やテーブル、手触りはどうか、
日々を心楽しく過ごせる、愛すべき家になるか、
etc..エトセトラ。。

クライアントさまといっぱい打ち合わせ(おしゃべり ?笑)して進めました。
喜んでいただけて本当にヨカッタ。。

 

2015-07-07 | Posted in 川端の家No Comments » 

 

クヌギの木の家。。

クヌギの木の家のリフォームがほぼ終わりました。

家の前のデッキの中に大きなクヌギの木があります。
目測ですが樹高は7mくらいでしょうか。
初秋の頃には鳩が巣をかけ雛を育てていたそうです。
夏には木陰を作り、冬には葉を落とし
日を入れてくれます。
人間にも鳥にも優しいクヌギの木。
工事の間家の中で木洩れ陽を見つけました。風が吹くとゆらゆらと揺れるのです。

さて、今回のリフォームは、
家の外側の部分である外皮断熱強化、
全熱交換換気、
高効率な機器によるエネルギーの削減により、

太陽光発電によるエネルギーと、一次エネルギー消費をゼロにするというもの。

平たく言うと、住宅の性能を向上させて、小さなエネルギーで心地よく暮らせるようにする。
太陽光発電で作った電力と、自分達が消費するエネルギーを、小味ゼロにするというものです。

ネットゼロエネルギーハウス支援事業の補助金を受ける予定です。

クヌギの木の家がますます心地いい家になりますように。。

2014-11-10 | Posted in works(リフォーム)No Comments » 

 

幸せリフォーム。。

大好きな彼女からリフォームの依頼を受けました。

大雨で一度打ち合わせが流れ、ようやく訪問。。

結婚されたばかり、ご主人と二人で笑顔いっぱい出迎えてくれました。
初めて訪れたここは、
ゆったりと川が流れ、ローカル線の線路が平行して走る場所。

明け方には汽笛がぽぅと響く、緑いっぱいのところでした。

築年はわからないけど古い、ふるい日本家屋。。
お金はないけど夢がある。。笑

幸せリフォームと名づけましょう。。笑

さて、どうするか。。

腕を奮います。

IMG_1357

IMG_1336

2014-07-30 | Posted in 川端の家No Comments » 

 

マンションリフォーム。。

賃貸マンションのリフォームの設計をしています。

配管の位置が限られていること。。
増築も減築も(当たり前ですが 笑)できないこと。。
わずか61㎡、限られた空間、条件の中で考えるのは楽しい。。

夫婦共働きで小さなこどもさんのいる家庭。

仕事も子育ても一段落し、終の棲家とする家庭。

母子、または父子、親子兄弟で住む家庭。

もしかしたら大きな家族で住む場合もあるかもしれません。

どんな家族にも光と風と、小さくてもゆったりした空間と。

IMG_0982

2014-04-24 | Posted in works(リフォーム)No Comments » 

 

照明、リフォーム相談。。

数年前に薪ストーブをつけさせていただいたN様。。

今回は照明についてのふたつの相談をいただきました。

ひとつめは、家を締め切っていても
すうすうと風が通る感じがするのをなんとかできないかということ。

築20年、気密住宅として建てられたわけではないでしょうから、

どこからともなく冷気が通り抜けて
すうすうとした感じがするのでしょう。

これから気密工事をするわけにはいかないので

簡単ローコストにできることを2つ提案しました。

そしてもうひとつ、部屋の真ん中に大きなシーリングライトがあるのと
リビング部分とダイニングに照明を分けてほしいという要望です。

天井から配線を分岐せず、比較的簡単ローコストな方法を考えましたよ.^^
出来上がったらUPしたいと思います。。

さて久しぶりのNさま宅、薪ストーブがゆたらかに燃えていました。
いつもは大きなヤカンがもうひとつ載っているそうです。笑

IMG_0785IMG_0786

2014-02-12 | Posted in works(リフォーム)No Comments »